会社概要



(株) ピーピーキューシー研究所


 PPQCとは、Poultry(養鶏) Products(生産物) Quality(品質) Control(管理)の頭文字を取ってつけた社名です。今、流行りのHACCP(ハセップ)という言葉が定着するずっと以前に、加藤博士の提案で【生産者が自分の生産物に責任を持って流通させること】を目的とし、設立されました。
 第三者機関としてのこのような研究機関は、日本のみならず世界的にも類を見ない特異なものです。

創業:1982年
代表取締役:加藤 宏光 (農学博士・獣医師)

                  


所在地)
964-0062 福島県二本松市岳温泉大和125-7

TEL:0243-24-2523(代表)
FAX:0243-24-2657



 当社は、タマゴの安全性の自主的な確保を目的とした業界唯一の研究機関です。
 
営利のみを目的とせず、業界に必要となる情報や技術を積極的に検証・開発することを社会の責務と考えております。我が国のみならず、アメリカやドイツの大学や各種研究機関とも直接の人脈を持ち、必要な情報については密に連絡を取り合いながら、タマゴの生産現場のハブとして活動しています。


(スタッフ紹介)


●加藤まさ子

●専務
 白田一敏 (獣医学博士・獣医師)

検査部門

●品質管理
 
●特殊検査
 
●抗体検査

●病理検査

●事務