執筆活動


PPQCでは、養鶏業界に対する情報発信として、業界雑誌を中心に、執筆活動を行っております。
過去に、各種雑誌に掲載された内容や現時点における意見・考えを順次ご紹介していきたいと考えています。



<連載>〜随想〜 各タイトル
掲載雑誌:鶏の研究 〜2017年7月号(連載継続中)
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


<連載>私の養鶏随想録
掲載雑誌:鶏卵肉情報 〜2015年12月25日号(連載終了)
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


<掲載>2015年 日本養鶏産業研究会
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2015年7月


<連載>困った時は、鶏に聞け!
掲載雑誌:鶏卵肉情報  〜2014年12月10日号(連載継続中)
著者:白田一敏(常務 獣医学博士・獣医師)


<連載>非定型的鶏病詳論
掲載雑誌:鶏の研究 〜2014年4月号
(連載終了)
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師


<特集>家伝法改正から1年〜 今シーズンのHPAI発生リスクは?
 家保・地方・中央行政と信頼関係構築を侵入リスクは不変-LPAIにも要注意
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2002年10月25日号
:加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)


<掲載>2012年 日本養鶏産業研究会
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2012年8月


<掲載>2012年日本養鶏産業研究会
掲載雑誌:鶏の研究 2012年


<掲載>鶏鳴新聞より 2012年 日本養鶏産業研究会
掲載紙:鶏鳴新聞 2012年8月15日


<連載>臨床獣医師から見た養鶏業界
掲載雑誌:養鶏の友 〜2012年5月号(連載終了)
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)



<特集>鶏卵肉情報掲載
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


<掲載>2010年日本養鶏産業研究会
掲載雑誌:鶏の研究 2010年12月


<掲載>2009年日本養鶏産業研究会
掲載雑誌:鶏の研究 2010年2月



<掲載>鶏鳴新聞より 2010年鶏卵産業の課題と対応
掲載紙:鶏鳴新聞1760号 2010年1月5日


<掲載>鶏鳴新聞より 第7回日本養鶏産業研究会 〜業界の課題でセミナー〜
掲載紙:鶏鳴新聞1760号 2010年1月5日



<連載>健康なニワトリから健康なタマゴが生まれる
掲載雑誌:鶏の研究 2009年1月〜2010年7月(完)

著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


<掲載>特集 見直されてきた直売所 直売ブーム〜日本と海外の違い〜
掲載雑誌:養鶏の友 2009年10月号
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)



<掲載>トピックス 大阪安売りスーパー行脚〜一刻も早く正常な市場回復を〜
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2009年9月号
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


<掲載>
特集 クレームを大切にしながら対処する!〜クレームとクレーマー
掲載雑誌:養鶏の友 2009年2月号
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)



<連載>新たなサルモネラ問題とリスク回避への道を探る
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2006年10月10日号〜2006年12月25日号
著者:加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


特集 緊急報告 2007年1月12日、HPAI再度来襲-韓国における発生事例から見えてくるもの
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2007年1月25日号
著者: 加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)


特集 全予測-五年後の鶏卵肉産業
鳥インフルエンザ、サルモネラ、NDなど採卵養鶏が抱える鶏病問題−五年後の予測
掲載雑誌:鶏卵肉情報 2007年新春号
著者: 加藤宏光(代表取締役社長 農学博士・獣医師)


鶏卵肉情報 <特集> 高病原性鳥インフルエンザ(HPAI) 再流行の連鎖を絶つために−B
  鳥インフルエンザコントロール2004 恐れるな−HPAI再発の確率は低い!?

  著者: 加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)

<連載>
米国におけるトリインフルエンザ(AI)対策と日本におけるケーススタディについての私見

掲載雑誌: 鶏卵肉情報
著者: 加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)

連載期間:2002年9月25日〜2002年12月25日

<連載>

ニワトリの獣医師と呼ばれたくて 〜一所懸命から一生懸命へ〜

著者: 白田一敏 (品質管理部門長・生産管理部門長・獣医学博士・獣医師)
掲載雑誌:鶏卵肉情報:毎25日号

連載期間:2003年3月25日〜現在連載継続中

<原稿>

国際競争時代の採卵養鶏業
掲載雑誌:畜産の情報(農畜産業振興事業団 発行)
著者: 加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)


<特集>

★鶏卵肉産業の近未来図
わが国の採卵養鶏産業の将来
−コスト削減の限界を追い続け、最後には只でタマゴができるのですか?


著者:加藤宏光(代表取締役社長・農学博士・獣医師)
掲載雑誌:鶏卵肉情報

掲載期間:2004年新春特大号


メニューへもどる